ショアブリ&船ブリ情報 11/16(水)~11/17(木)

お客様情報です。

①11/16(水)早朝、茂辺地漁港の知内側のテトラ上から、ルアーで狙っていた人達が、最大で70~80cmクラスのブリを全体で30本以上ヒット!情報提供のお客様も×5本ゲット(バラシが10本近くあり)ととにかく釣れたとのお話でした。海では鳥山やナブラが凄かったそうで、投げれる距離でバンバン掛かって面白かったとのお話でした。ルアーはジグを使用。また細いラインだと、タモ入れ含めテトラに擦れたりでバツバツ皆さん切られていたとのお話でした。

②11/16(水)早朝、函館港内の港町ふ頭では、海に向かって一番左側でやっていた釣り人が、ルアーで×2本ブリを上げたとの情報あり。

③11/17(木)早朝、常連のお客様が湯川漁港から出ている遊漁船 彩貴丸 和崎船長に乗船。海状況が厳しかった為、午前7時出港と遅めのスタートだったそうですが、それでもブリを狙いに戸井の汐首沖に出かけ、見事ブリをゲットする事に成功。この日は波風が強かった事から、エサとなるベイトが散っていて魚を探しながらの状況だったそうですが、何とかあちこち動いて拾い釣りに成功。水深は70m。ジグは210gのピンク系でのヒットとなったそうです。ちなみに釣り上げたブリの腹の中には、イワシがたくさん入っていたとの事。また海状況が悪化し、早めの帰宅となったそうです。

函館 湯川漁港から出港 遊漁船 彩貴丸 和崎貴行船長 090-5076-3119 船賃は8000円です。(ブリは2名から出港との事でした)

dsc_1070←ブリの他クロゾイも釣れたそうです。

2016道南アキアジ情報 No.37 11/14(月)

11/14(月)のアキアジ情報です。

①11/14(月)早朝、鹿部の鹿部川河口、規制外の沖消波ブロック上の釣りでは、釣り人が5~6人で上がったサケは×1本だけだったそうです。海は濁りがあって状況としては厳しいものだったそうですが、ウキルアーで×1本ヒットとの事。またフカセ釣りの方は×1バラシあったとの報告もあり。釣れたサケはちょいブナ程度のオス。ちなみに跳ねは全く無かったそうです。

kimg0572←鹿部テトラ上の様子

②11/14(月)夕方(15:00頃)、茂辺地漁港の右側テトラ上からのサケ釣りでは、釣り人10名程で上がったサケは×1本確認出来たとの事。銀毛のサケで、状態はとても良かったそうです。

海状況も悪く、各方面苦戦が続いているようですね。週末の天候回復に合わせてサケの釣果も期待しましょう。

2016道南アキアジ情報 No.36 11/13(日)

11/13(日)早朝のサケ釣り情報です。

①11/13(日)、常連のお客様Iさんは、鹿部の常路川河口沖合にゴムボートで出船。息子さんと2艇で挑まれた所、見事×1本ヒット。跳ねは余りなかったそうですが、何とかキープしたとの事でした。また河口の陸側でやっていた釣り人は3名程と、今朝はちょっと釣り人も少なかったそうです。

②11/13(日)落部漁港から出ている遊漁船 金宝丸 坂本船長より、本日は船中でサケが×3本だったとの事。跳ねは全くない状況だったそうですが、乗船のお客様が僚船が釣れたポイントで試しにキャストしてみた所、これにサケがヒット!他の方も数本釣れたそうですが、その後が続かず撤収となったそうです。今期は中々噴火湾沖のサケも厳しい状況が続いていますが、時期としてはまだ続きますので、諦めず頑張っていきましょう。また情報ありましたらUpします。

落部漁港から出港 遊漁船 金宝丸 坂本船長 090-3891-0207

※釣果情報ではないですが、11/12(土)に女那川沖の定置網にサケが×3500本程入ったそうです。水温が下がった為か、ここへ来て大きな群れが来ている模様。現在好調な椴法華近郊と合わせて、こちら方面がチャンスかもしれないですね。

日浦沖の船五目釣り始まってきました! 11/11(金)

しばらくご無沙汰の船五目釣りですが、そろそろ始まってきたとの嬉しい情報が入ってきました。

11/11(金)早朝、当店お馴染みの遊漁船 日浦漁港から出港の 大生丸 松本船長より、まずまずの釣果だったとの情報あり。

この日はお客様4名乗船にて出港。

水深60mくらいから順に深場に向けて攻めていったそうですが、釣果の方はタラやヤナギの舞、マゾイを中心にクーラー釣りとの事。

img_0031←ヤナギの舞も良型です。

タラは嬉しいタチ入りとの事で、またヤナギの舞も大きいものだと30cmクラスだったとの事です。

またブリも各人平均で3本くらいは上げたそうで、五目仕掛けでも十分チャンスありとのお話でした。

img_0030←ブリはお客様の仕掛けにトリプルヒットもあったとの事。

他はハツメ、ガヤ、特大のサメもヒットしたとの事で、オモリは皆さん200号を使用。仕掛けはケイムラ使用の物が食いが良く、針はネムリセイゴの14~15号クラスがオススメとのお話でした。

いよいよ深場の船五目釣りも始まってきましたね。情報ありがとうございました。

日浦漁港より出港 遊漁船 大生丸 松本船長 080-1884-1395

函館沖ブリジギング!

11/12(土)オモリメーカーの株式会社フジワラさんの開発中のジグをテストするため、株式会社フジワラさん、ジグの開発者の方達とともに当店専属情報員ジュピタ君と当店スタッフKがご一緒させていただきました。

今回お世話になったのは、湯川漁港より彩貴丸(和崎船長)に乗船。

前日の悪天候の影響もあり、出港を遅らせ、午前8時の出港となりました。

目的地の汐首まで船を走らせます。

dsc_0413

湯川から戸井に向かうにつれて次第にうねりが出てきます。

途中、100頭は超えるであろうイルカの群れにも遭遇。「すごいなぁ~」と感動するも、沖でイルカと遭遇すると、魚が釣れたためしがない事を思い出します。

船が大きく足も速いので1時間もかからず汐首到着、しかしながら今までに経験したことのないハンパないうねりと魚探に全く反応がないということで、場所移動。

船頭さんがいろんなポイントを走ってくださり、魚探でベイトの反応を探します。

dsc_0410-3

お昼を過ぎたころ、湯川沖60Mラインに反応がでました。

試作ジグ ブルピン230gを落とします。

しばらくしてジュピタ君HIT!小ぶりのイナダでしたが、皆さんのテンションがあがります。

さらにスタッフKにもHIT。着底後、数ジャークでガツンとアタリ、何度かドラグも出されましたが無事GETとなりました。

dsc_0441-7

その後も、皆さまはランダムにあげていきます。

dsc_0425-2

この時はジュピタ君から前の方、全員HITとなり、船頭さんもタモ入れに大忙し。

dsc_0418-3

そしてまたもや、ジュピタ君フォール中にHIT。しっかりあわせます。

dsc_0416-3

船頭さんの見事なタモさばきで無事GET.

dsc_0427-3

彼の今日イチです。

dsc_0434-5

ジグの開発者さんは、ジグの動きを熟知しているようで、潮の流れなどを読み、いろんなジャークで試し、本日の竿頭となっておりました。お見事です!!

今回のフジワラさんのジグは、まだ試作段階だそうですが、素晴らしい釣果となりました。

発売の日が待ち遠しいですね!!

悪天候の余波の為、汐首での実釣は出来ませんでしたが、函館沖のブリの通り道を熟知している船頭さんのおかげで釣ることができました。

函館港からこんな近場、湯川~志海苔にかけての60M~80Mラインでも釣れると初めて知りました!!

dsc_0446-3

今回お世話になった遊漁船は湯川漁港 彩貴丸(和崎船長)

ピンク色の船が印象的で船も大きく足も速い!

広い船室は暖房もありポカポカ!これからの冬の釣りにはありがたいです。

dsc_0414

とてもきれいなトイレも付いています。女性やお子様も安心です。

ブリはもちろん、夜イカやメバル、根物や五目にも対応しております。

詳しくは船頭さんまで!!

湯川漁港 彩貴丸 (9.7t) 和崎貴之船長 090-5076-3119

2016道南アキアジ情報 No.35 11/11(金)

11/11(金)早朝のサケ釣り情報です。

本日の鹿部川河口規制外の、沖消波ブロック上のサケ釣りでは、釣り人5~6人程で、サケは5~6本くらいは上がったそうです。

img_0837←本日のテトラ上の様子

img_0838←河口方面を撮影(今撮影者がいるテトラはボートで渡るテトラです)

当店スタッフも×1本ヒットの、1本バラシ。ルアーでも食いつきはまずまずだったとの事。

img_0839←オス×1ヒット!

また跳ねは沖合含めてまずまずある感じだったそうです。

こちら方面はまだ楽しめそうですね。以上最新鹿部サケ情報でした。

2016道南アキアジ情報 No.34 11/10(木)

11/10(木)早朝~昼過ぎにかけて、本州から来られたお客様と一緒にサケ釣りに行ってきました。

お客様とのサケ釣りは今年で3~4年連続?となってまして、毎年恒例行事になって来てますね(笑

また昨年まではボート上からのサケ釣りも楽しんでいたのですが、今年は天候を考えて陸側からにシフト。雪も降り、道路も凍結しているちょっと厳しい状況でした。

そして今回選んだ場所は鹿部の常路川河口。

前日までの情報から、まず1本くらい釣れるのでは?と思っての入釣でした。

現地到着は午前5:30頃。(この時気温は-2.5℃。寒いですね 苦笑)先客は3名程で、河口は非常に空いている状況でした。

我々も早速準備し、左岸側の空きスペースに入ります。

%e2%91%a2kimg0555←この日の河口の様子

ちなみに思ったより波風は無い状況でして、釣り自体は問題なく行う事が出来ました。

すると早速右岸側でやっていた釣り人が、本日ファーストヒット!ウキルアーでまずは1本ゲットに成功。

またこれを皮切りに別の釣り人もヒットし、途中から入ってきたウキフカセチームも×2本ヒットと、まずまずの出だしです。

%e2%91%a4kimg0557←この日常路川河口で上がったサケ

ただ、そのような中で中々我々にはヒットがありません・・

(ちなみに自分は開始30分で肩を痛め、戦線離脱・・お客様の応援と雑談しながら海を眺めていました  苦笑)

そして時間も9:30を過ぎたあたりで、全体の釣果は釣り人が5~6名で、サケも5~6本といった感じでした。

%e2%91%a3kimg0556←橋の上から河口を撮影(天気は回復してきてました)

「中々釣れないですねー・・」と話しながらも、お客様がこの日飛行機で本州へ帰るのが分かっていただけに、何とか1本と気合を入れ直し、ここは思い切って場所移動してみましょうという流れになりました。

移動場所は鹿部の鹿部川河口、規制外の沖波消ブロック上です。

場所移動を開始して、新たに釣りを開始したのは午前10:30頃だったと思います。(ちなみに先客の釣り人が2名いましたが、我々の入釣と同時に帰宅の様子でした)

また風は常路川河口付近よりは若干あるものの、釣り自体は出来る状況でした。

(あとサケの跳ねは単発ながらも時々ありました)

そして早速キャスト開始。

お客様はウキルアーにてアタリを待ちます。(ちなみに自分は肩が痛いので、ここからはウキフカセ釣りにスタイルをチェンジ。やっぱり楽でしたね 笑)

すると開始して1時間程したあたりで、お客様の「来た!」の声が!!

振り返るとお客様の竿がグングン海に突き刺さってます。

これを見て、「ちょっと待ってて下さい!」と慌てて自分がタモの準備。

慎重に寄せてもらい、これを無事ゲットする事に成功。

まだ銀毛と言える、綺麗なメスサケでした。

「良かったー、これで安心して帰れる 笑」とお客様から笑顔の一言もあり、こちらもホッと一安心。

やっぱり1本釣って帰るのと釣らないとでは、大きく違いますからね(特にお客様は今季最後との事でしたので)

そこからはのんびりした流れとなりましたが、意外とこの時間でも釣れるんだなー・・とちょっと驚きの展開となり、自分も省エネのウキフカセ釣りで×3本ヒットする事に成功。(他に合わせミス×2)エサはエビ粉カツオ使用。

全てオスだったのがちょっと残念でしたが、満足した形で終了する事が出来ました。

終了は14:00過ぎ頃。最終釣果は2人で×4本でした。

%e2%91%a1kimg0563←お客様見事メスヒット!(恥ずかしいので顔出しNGとの事でした 笑)

%e2%91%a0kimg0564←ウキフカセで釣った×3本です。

テトラ上で釣りをしている間に、手前側や沖合での跳ねもあり(中には銀毛の物もいました)、上がったサケも状態の良い物が混じってますので、サケはまだまだいけると感じた本日の釣行でした。

以上、鹿部サケ釣り情報でした。

2016道南アキアジ情報 No.33 11/8~11/9

11/8(火)~11/9(水)のアキアジ情報です。

①11/8(火)早朝、鹿部の常路川河口でのサケ釣りでは、釣り人15名前後でサケは全体で20本くらいは上がったそうです。釣った人で4本は上げたそうで、皆さんウキルアーとの事。跳ねはそこそこあり。沖合のテトラ付近でやっていた磯船でも×1本は上げていたのを確認出来たとのお話でした。また沖合近くで跳ねていたサケは銀毛のものだったそうです。

img_0831←11/8の常路川河口の様子

img_0832←沖合テトラのすぐ左側の船が×1本上げていたそうです。

②11/8(火)昼~夕方にかけて、茂辺地漁港の知内側のテトラ上からサケを狙ったお客様より、1本ゲット情報あり。跳ねはほとんど無くて、シビアな状況だったものの、釣ったサケの状態は銀毛に近いもので、まだ今後に期待出来る感じとのコメントあり。釣りスタイルはウキルアー

dsc_0155←お客様ゲットのサケ。でかいオスでした。

③11/9(水)早朝、鹿部の常路川河口のサケ釣りでは、釣り人3名で上がったサケは×1本だったとの事。前日まで河口近くに溜まっていた濃いサケの群れが、今回のシケでちょっと離れたかも・・とのコメントあり。今後に期待ですね。

函館港内ロックフィッシュ!

当店専属情報員のジュピタ君より情報頂ました。

11/5(土)同じく情報員のE田君と共に久々に函館港内へ。

到着は夕方6時。この日は気温もさほど下がらず、防寒もいらない感じでした。

数投でジュピタ君HIT.

1478588235495

35cmオーバーのクロソイです。

1478588224913

この日のジュピタ君は、期待を裏切らない、グラスミノー チカチカ室蘭Lにフジワラのジグヘット5gを使用。

1478588238713

E田君、ジュピタ君ともに一時間ほどで、10匹弱と好調でしたが、突然の強風&豪雨にみまわれ、早々撤収となりました。

そんなこんなで、函館港内もロック釣れておりますよ。

ロックフィッシュで50Upアブラコやりました!

11/4(金)夜~11/5(土)早朝にかけて、砂原漁港で大型アブラコを仕留めてきました!

現地到着は22:00頃。雨が降っていて、少し条件としては厳しい状況でしたが、開始早々から魚のアタリは多く、50cmのアブラコを筆頭に、アブラコ×3本、黒ソイ×1本の成績で終える事が出来ました。

dsc_0141←ヒットワームはエコギアアクアです。

dsc_0151←久々の大物に記念撮影。

dsc_0147←鮮度が良かったので美味しく頂きました(笑

港内でも大型が上がってますので、是非遊びに行かれる事をオススメします。詳しくは当店まで