2016道南アキアジ情報 No.39 11/19(土)

11/19(土)のアキアジ情報です。

①11/19(土)落部漁港から出ている遊漁船 金宝丸 坂本船長では、本日船中での釣果は合計で×13本。竿頭の方で×3本。サケの跳ねはかなり頻発し、今期で一番良かった模様。明日からに期待との事。

落部漁港から出港 遊漁船 金宝丸 坂本船長 090-3891-0207

②11/19(土)東野漁港から出ている遊漁船 宗栄丸 板木船長では、本日船中での釣果は合計で×15本。僚船の方は25本と28本。こちらも沖でのサケの跳ねは多かったそうで、遅れていたサケの群れがここへ来て入ってきた模様との事。今後に期待大ですね。

東野漁港から出港 遊漁船 宗栄丸 板木船長 01376-6-2869

噴火湾船カレイ大漁です!11/19(土)

ここに来て、噴火湾船カレイの釣果が急上昇してきました!

11/19(土)は、八雲マリーナから出ている 遊漁船 春光丸 木村船長より、船カレイ絶好調との嬉しい連絡が入りました。

本日は2名での釣果とのお話でしたが、2人で150枚オーバーの成績!マガレイや砂ガレイ、イシモチガレイの型物の数釣りとなったとの事でした。

img_0480←カレイ大漁!

img_0481←20キロ発泡ケースに満杯です♪

特に良く釣れたのが、黒岩沖の水深が14~16mライン。仕掛けを落とせばすぐに食いついてくるくらいカレイの活性は高かったそうです。

木村船長の春光丸は3名から出港しますので、興味のある方は是非挑戦してみて下さいね。

img_0482←春光丸です。

八雲マリーナより出港 遊漁船 春光丸 木村船長 090-3774-2605

函館山沖(当別沖)にて、メバル大漁♪ 11/18(金)

11/18(金)早朝、常連のお客様Yさんが函館山沖のメバル釣りに挑戦してきました。

遊漁船は湯川漁港から出ている 彩貴丸 和崎船長です。

風が強く、早上がりとなったとのお話でしたが、それでもお客様は3人で100匹オーバーの成績だったとの事。(釣り時間は8時~10時30分頃まで)

fb_img_1479459715309←メバル大漁!!

10本針に8~9匹掛かってくる事もあり、短時間の釣行の割には非常に楽しめたとのお話でした。

水深は深い所で80m程、浅いところで45mくらいだったそうです。

dsc_1075←入りきらないくらいのメバルです(笑

オモリは150号を使用。エサには大女子の輪切りが特に良かったとのお話でした。

和崎船長曰く、メバルはまだまだ狙えるので、是非遊びに来て欲しいとの事でした。

近場でもこんなに大漁出来るんですね。凄い釣果にビックリです。Yさんお疲れ様でした。

函館 湯の川漁港より出港 遊漁船 彩貴丸 和崎船長 090-5076-3119  メバルも2名からでも出してくれるとの事でした。詳しくは直接船頭さんまでお問合せ下さい。

2016道南アキアジ情報 No.38 11/16(水)~11/18(金)

お客様情報です。

①11/16(水)早朝、茂辺地漁港の知内側のテトラ上からのサケ釣りでは、確認出来た釣果は最低でも3~4本はあったとの事。サケの状態は銀毛の物だったそうです。釣りスタイルはウキルアー

②11/17(木)早朝、茂辺地漁港の知内側のテトラ上からのサケ釣りでは、最低でも×3本は上がったそうです(7:00頃まで)釣り人は10~12,3名程。1人で×2本上げた方もいて、サケの状態は銀毛だったそうです。釣りスタイルはウキルアー。

kimg0578←右側のテトラからの釣りになります。

kimg0580←タモはちょっと長めが必要です。

kimg0581←釣れたサケはまだ銀毛ですね。

kimg0582

③11/18(金)早朝、茂辺地漁港の知内側のテトラ上からのサケ釣りでは、釣り人×10名程で、確認出来た釣果は×2本だったそうです(7:30頃まで)500m先くらいで跳ねも2回程見たそうですが、手前側での食い気は余り無かったとのお話でした。また上がったサケはブナ気味だったそうです。

④11/18(金)早朝、落部漁港から出ている、遊漁船 金宝丸 坂本船長では、本日釣果は船中で×6本。竿頭で×2本。山越沖でのヒットとのお話でした。サケの跳ねや食い気もようやく出てきた模様です。

落部漁港から出港 遊漁船 金宝丸 坂本船長 090-3891-0207

⑤11/18(金)早朝、東野漁港から出ている、遊漁船 宗栄丸 板木船長では、本日釣果は船中で×14本。竿頭の方で×4本。風が出てきたので早上がりだったそうですが(10:00頃上がり)、八雲沖にて今期一番の跳ねが確認出来たとの事でした。明日以降に期待ですね。

東野漁港から出港 遊漁船 宗栄丸 板木船長 01376-6-2869

函館港内サビキ釣り情報 11/17(水)

11/17(水)早朝、函館港内の港町ふ頭に、サビキ釣りの釣果確認に行ってきました。

現地到着は午前7:30過ぎ頃だったと思いますが、釣り人は10~15名くらいはいて、皆さん結構な勢いでイワシやサバ、アジを中心に上げていました。

kimg0590

kimg0587

年配の釣り人の方と雑談しながら眺めていた所、イワシは針数掛かる人もおり、話をしながらでもお客様も立て続けにヒットの様子でした。

kimg0591←サビキとジグの合わせ仕掛けで続々ヒット!ちなみにこの画像の魚はアジです。

kimg0592←サバとアジが入ってます。

近郊ではサビキが好調な様子が確認出来ましたので、近場で遊びたい方にはオススメです。ただし寒さが厳しくなってきてますので、防寒対策はお忘れなく。

ショアブリ&船ブリ情報 11/16(水)~11/17(木)

お客様情報です。

①11/16(水)早朝、茂辺地漁港の知内側のテトラ上から、ルアーで狙っていた人達が、最大で70~80cmクラスのブリを全体で30本以上ヒット!情報提供のお客様も×5本ゲット(バラシが10本近くあり)ととにかく釣れたとのお話でした。海では鳥山やナブラが凄かったそうで、投げれる距離でバンバン掛かって面白かったとのお話でした。ルアーはジグを使用。また細いラインだと、タモ入れ含めテトラに擦れたりでバツバツ皆さん切られていたとのお話でした。

②11/16(水)早朝、函館港内の港町ふ頭では、海に向かって一番左側でやっていた釣り人が、ルアーで×2本ブリを上げたとの情報あり。

③11/17(木)早朝、常連のお客様が湯川漁港から出ている遊漁船 彩貴丸 和崎船長に乗船。海状況が厳しかった為、午前7時出港と遅めのスタートだったそうですが、それでもブリを狙いに戸井の汐首沖に出かけ、見事ブリをゲットする事に成功。この日は波風が強かった事から、エサとなるベイトが散っていて魚を探しながらの状況だったそうですが、何とかあちこち動いて拾い釣りに成功。水深は70m。ジグは210gのピンク系でのヒットとなったそうです。ちなみに釣り上げたブリの腹の中には、イワシがたくさん入っていたとの事。また海状況が悪化し、早めの帰宅となったそうです。

函館 湯川漁港から出港 遊漁船 彩貴丸 和崎貴行船長 090-5076-3119 船賃は8000円です。(ブリは2名から出港との事でした)

dsc_1070←ブリの他クロゾイも釣れたそうです。

2016道南アキアジ情報 No.37 11/14(月)

11/14(月)のアキアジ情報です。

①11/14(月)早朝、鹿部の鹿部川河口、規制外の沖消波ブロック上の釣りでは、釣り人が5~6人で上がったサケは×1本だけだったそうです。海は濁りがあって状況としては厳しいものだったそうですが、ウキルアーで×1本ヒットとの事。またフカセ釣りの方は×1バラシあったとの報告もあり。釣れたサケはちょいブナ程度のオス。ちなみに跳ねは全く無かったそうです。

kimg0572←鹿部テトラ上の様子

②11/14(月)夕方(15:00頃)、茂辺地漁港の右側テトラ上からのサケ釣りでは、釣り人10名程で上がったサケは×1本確認出来たとの事。銀毛のサケで、状態はとても良かったそうです。

海状況も悪く、各方面苦戦が続いているようですね。週末の天候回復に合わせてサケの釣果も期待しましょう。

2016道南アキアジ情報 No.36 11/13(日)

11/13(日)早朝のサケ釣り情報です。

①11/13(日)、常連のお客様Iさんは、鹿部の常路川河口沖合にゴムボートで出船。息子さんと2艇で挑まれた所、見事×1本ヒット。跳ねは余りなかったそうですが、何とかキープしたとの事でした。また河口の陸側でやっていた釣り人は3名程と、今朝はちょっと釣り人も少なかったそうです。

②11/13(日)落部漁港から出ている遊漁船 金宝丸 坂本船長より、本日は船中でサケが×3本だったとの事。跳ねは全くない状況だったそうですが、乗船のお客様が僚船が釣れたポイントで試しにキャストしてみた所、これにサケがヒット!他の方も数本釣れたそうですが、その後が続かず撤収となったそうです。今期は中々噴火湾沖のサケも厳しい状況が続いていますが、時期としてはまだ続きますので、諦めず頑張っていきましょう。また情報ありましたらUpします。

落部漁港から出港 遊漁船 金宝丸 坂本船長 090-3891-0207

※釣果情報ではないですが、11/12(土)に女那川沖の定置網にサケが×3500本程入ったそうです。水温が下がった為か、ここへ来て大きな群れが来ている模様。現在好調な椴法華近郊と合わせて、こちら方面がチャンスかもしれないですね。

日浦沖の船五目釣り始まってきました! 11/11(金)

しばらくご無沙汰の船五目釣りですが、そろそろ始まってきたとの嬉しい情報が入ってきました。

11/11(金)早朝、当店お馴染みの遊漁船 日浦漁港から出港の 大生丸 松本船長より、まずまずの釣果だったとの情報あり。

この日はお客様4名乗船にて出港。

水深60mくらいから順に深場に向けて攻めていったそうですが、釣果の方はタラやヤナギの舞、マゾイを中心にクーラー釣りとの事。

img_0031←ヤナギの舞も良型です。

タラは嬉しいタチ入りとの事で、またヤナギの舞も大きいものだと30cmクラスだったとの事です。

またブリも各人平均で3本くらいは上げたそうで、五目仕掛けでも十分チャンスありとのお話でした。

img_0030←ブリはお客様の仕掛けにトリプルヒットもあったとの事。

他はハツメ、ガヤ、特大のサメもヒットしたとの事で、オモリは皆さん200号を使用。仕掛けはケイムラ使用の物が食いが良く、針はネムリセイゴの14~15号クラスがオススメとのお話でした。

いよいよ深場の船五目釣りも始まってきましたね。情報ありがとうございました。

日浦漁港より出港 遊漁船 大生丸 松本船長 080-1884-1395

函館沖ブリジギング!

11/12(土)オモリメーカーの株式会社フジワラさんの開発中のジグをテストするため、株式会社フジワラさん、ジグの開発者の方達とともに当店専属情報員ジュピタ君と当店スタッフKがご一緒させていただきました。

今回お世話になったのは、湯川漁港より彩貴丸(和崎船長)に乗船。

前日の悪天候の影響もあり、出港を遅らせ、午前8時の出港となりました。

目的地の汐首まで船を走らせます。

dsc_0413

湯川から戸井に向かうにつれて次第にうねりが出てきます。

途中、100頭は超えるであろうイルカの群れにも遭遇。「すごいなぁ~」と感動するも、沖でイルカと遭遇すると、魚が釣れたためしがない事を思い出します。

船が大きく足も速いので1時間もかからず汐首到着、しかしながら今までに経験したことのないハンパないうねりと魚探に全く反応がないということで、場所移動。

船頭さんがいろんなポイントを走ってくださり、魚探でベイトの反応を探します。

dsc_0410-3

お昼を過ぎたころ、湯川沖60Mラインに反応がでました。

試作ジグ ブルピン230gを落とします。

しばらくしてジュピタ君HIT!小ぶりのイナダでしたが、皆さんのテンションがあがります。

さらにスタッフKにもHIT。着底後、数ジャークでガツンとアタリ、何度かドラグも出されましたが無事GETとなりました。

dsc_0441-7

その後も、皆さまはランダムにあげていきます。

dsc_0425-2

この時はジュピタ君から前の方、全員HITとなり、船頭さんもタモ入れに大忙し。

dsc_0418-3

そしてまたもや、ジュピタ君フォール中にHIT。しっかりあわせます。

dsc_0416-3

船頭さんの見事なタモさばきで無事GET.

dsc_0427-3

彼の今日イチです。

dsc_0434-5

ジグの開発者さんは、ジグの動きを熟知しているようで、潮の流れなどを読み、いろんなジャークで試し、本日の竿頭となっておりました。お見事です!!

今回のフジワラさんのジグは、まだ試作段階だそうですが、素晴らしい釣果となりました。

発売の日が待ち遠しいですね!!

悪天候の余波の為、汐首での実釣は出来ませんでしたが、函館沖のブリの通り道を熟知している船頭さんのおかげで釣ることができました。

函館港からこんな近場、湯川~志海苔にかけての60M~80Mラインでも釣れると初めて知りました!!

dsc_0446-3

今回お世話になった遊漁船は湯川漁港 彩貴丸(和崎船長)

ピンク色の船が印象的で船も大きく足も速い!

広い船室は暖房もありポカポカ!これからの冬の釣りにはありがたいです。

dsc_0414

とてもきれいなトイレも付いています。女性やお子様も安心です。

ブリはもちろん、夜イカやメバル、根物や五目にも対応しております。

詳しくは船頭さんまで!!

湯川漁港 彩貴丸 (9.7t) 和崎貴之船長 090-5076-3119