2017 パワーボート展示即売会 開催

2017ボート展示即売会を開催いたします。

日時 :3月17日~3月20日までの4日間

場所 :フイッシュランド手稲店 フイッシュランド苫小牧 フイッシュランド西桔梗店

時間:10:00時~18:00時まで

展示メーカー アキレス、ジョイクラフト、YAMAHA、SUZUKI,TOHATSU

魚探講習会(手稲)

3月18日  1回目11時   2回目15時  3月19日 1回目11時   2回目15時

エンジンのOIL交換 ギアーOIL交換 手稲 3月18日~19日の2日間

西桔梗は19日と20日の午前

お持ちのエンジンをお持ちください。 (オイル交換1台1,000円 ギアーオイル交換1台1,000円)

内容 アキレス、ジョイクラフトボートの2017年新製品をはじめ

YAMAHAのフルモデルチェンジの新型2馬力F2Bの展示販売

今年注目の魚探 ホンデックス PS-611CN(4月販売開始)予約開始

PS-611CN                        PS-511CN

本体の大きさそのままで画面サイズを4.3から5インチにサイズアップ

GPS画面もちょいナビからもっとナビに変更 見やすいカラー表示で等圧線も表示します。

更に魚探とGPSを同時に2画面表示が可能になりました。

ソレックスボートトレーラー展示(手稲店のみ)

BOAT  MB 全長11FTまでのボートに対応の軽トレーラーです。

日本製ですので安心です. (別途送料 諸費用が加算されます.)

BMO JAPAN LOWRANCEの新製品の展示販売

アドバイザー来店   店舗

手稲店  3月18日 ~3月19日  アキレス ジョイクラフト YAMAHA  SUZUKI

西桔梗店  3月19日 ~3月20日 (20日は午前中) SUZUKI

※アキレスエンジンセット   ジョイクラフトエンジンセットには販売特典が御座います。(詳しくは店頭発表)

この機会に是非ボートの購入をお願いいたします。

                                            フイッシュランドボート担当 宮出 昌俊

 

 

 

船サクラマス情報 2/28(火)~3/1(水)

ちょっとUpが遅くなりましたが、2/28(火)、当店スタッフTKCがお客様と一緒にパワーボートでのマス釣りを楽しんできました。

場所は今イチオシの銚子沖。

TKCはボートマス釣り初挑戦という事で、気合もやる気も十分(笑)

今回バケはホウムラのケイムラ600gに、仕掛けはステキ針のピンクタコ付の16号5本針タイプを使用。

28日は10:00出船とスタートは遅かったものの、それでも初挑戦でのトータル釣果はマス×8本と大満足の内容。(他にタラ×1)

←開始早々の1本。

←お客様M神さんは、友人のHさんと一緒にジギングで挑戦!(ジギングでの釣果はマス×3本だったそうです)

←スタッフTKC最終釣果(マス×8本)

また3/1(水)は、当店店長が別のお客様とボートマス釣りに挑戦。銚子の沖合で合流して釣りを開始した所、この日はスタートこそ天気が良かったものの、途中から波風が出てきて大苦戦の内容。

途中で引き上げる船が続出する厳しい状況だったそうですが、それでも何とか意地の×1本を釣り上げて終了。(他に取り込み直前でのバラシが×1)またマスの他はポンタラ~タラが×5本、カジカ×4~5匹の内容だったとの事。

←タモ入れ画像

←ピンクタコ付の針に来てましたね

←釣りスタイルはオールバケでの釣果です。

ちなみにヒット仕掛けはステキ針のBA-96の針間隔が1.2mの5本針タイプ。(通常の仕掛けの針間隔が1.5mなので、30cm短いこの仕掛けはボート上での扱い等に向いてます)

←ステキ針 BA-96 黒毛×5本針

また上記の仕掛けで最近はずっと好調だったのですが(この日バラシた1本もこの仕掛けでした)この日は残念ながら途中でバケ&仕掛けをロストしてしまい、結局釣り上げた仕掛けはチェンジしたステキ針のBA-87 ピンクタコ付のグリーン毛のタイプの物でした。ちなみに16号。

←ステキ針 BA-87ピンクタコ付マス仕掛け 針間隔は1.5m。

一応これにアクセントとして、毛針だけの部分に別売のピンクタコ1.5寸をいくつか被せた物を使いました。参考までに

前日の成績といい、意外とピンクタコ付がここへ来てチャンス大なのかもしれませんね。

以上ボートマス釣り情報でした。

函館港内ロックフィッシュ情報 3/2(木)

3/2(木)夜、当店スタッフがロックフィッシュ狙いで函館港内を攻めてきました。

まずスタートしたのは港町埠頭。時刻は23:30頃。

ワームはエコギアのバルト3インチ、ジグヘッドは3.5gを使用。

すると開始して数投で、まずは20cmクラスのソイがヒット!

小型でしたがグイグイ引く感触に、久々にソイのアタリを堪能(笑

その後も気温が上がって魚の活性が上がったのか、20cm以上ばかり10匹くらい

釣り上げる事に成功しました。(ちなみにほとんどボトム付近でのヒットでした)

また、1匹でしたが38cmという型物がヒットし、大満足で終了の流れに。

←本日最大の38cm!

ストップフィッシングは25:30。

3月に入り、気温も上昇してきてますので、近場の釣りからスタートしてみても面白いと思います。

釣果は期待出来ますので、是非チャレンジしてみて下さいね。

銚子沖サクラマス情報!

当店常連のお客様Y氏より情報頂ました。

3/1(水)常連のIさん、当店店長と共に銚子沖の船マス&タラ釣りに挑戦!

出船は午前7時頃。各自沖合で合流します。

お昼前から少し荒れてくる予報でしたので、Y氏とIさんは話し合いの結果、沖の90~100Mラインを先に狙ってから、岸寄りのサクラマスポイントへ向かう作戦に!!

当店店長は迷うことなくサクラマスポイントへ走っていきます。

90mラインに到着したY氏は、3流し目にボトムで重いアタリが出たので、アワセを入れ、電動リールの巻き上げをONにしますが、なかなか巻き取れない重量感!

Y氏はどんなボート釣りでもジギングロッドを使用していますが、ヘビーなジギングロッドがバッドから曲がっています!!!

良い曲がりしておりますね!!

近くにいたIさんと「タラ2本だね!」と話をしながら巻き上げてみると、80cm・4.6㎏のBIGタラだったそうです。

立派なサイズですね!

Y氏とIさんは、予報より早めに風が出てきた事から、早々に深場を見切ってサクラマスポイントへ向かうことに。

その際、Y氏の船外機がスーパーのレジ袋をペラに巻き込んでしまい、エンジンの回転が上がらなくなってしまった事で、一度陸へ戻って整備する事に・・・。

メカニックなY氏は、ペラを外して、巻き込んだレジ袋を取り除き、オイルシールの確認等の作業を余儀なくされたので、先発隊からは随分と遅れをとってしまったそうでした。

その後、サクラマスポイントへと向かう途中、中層でベイトの反応を見つけたので仕掛けを落としてみた所、アタリが出たのでしっかりと合わせ、巻き上げます。

少し小振りなマスと、46cmのなかなかのサイズをダブルで釣れたそうです。

とっても綺麗な魚体ですね!!

さすが持っている男、Y氏。同じエリアを流し直すと、また同じく中層でアタリが出て、今回もダブルを確認。1匹はタモ入れ直前で逃げられてしまいましたが、残りの1匹はタモ入れ成功!

49cm・1.6㎏の立派なサクラマスでした。

体高がありカッコいい魚体ですね。

その後は風も強くなりアタリも止まってしまい、なかなか渋い状況が続きます。

そこで、荒れているのを覚悟して沖のポイントへ移動してみる事に。すると予想に反してそこはベタ凪。

状況を、当店店長とIさんに連絡するとIさんがすぐにやって来ましたが、当店店長はサクラマスに固執していて動かなかったそうです(笑)

そんななか、Y氏は近くを流していたIさんの仕掛けを釣ってしまい、それをほどいてふと自分の仕掛けを見ると、流されないようにギアを入れていたことから、自分のペラに巻き取ってしまっていて、それを見て「今日はペラに厄がある」と思ったらしく、当店店長とIさんを残して早上がりとなったそうです(笑)

今回のY氏の釣果はサクラマス×3   タラ×1   ガヤメバル×1

トラブルがあっても釣果を上げるところはさすがでございます。

今回も素晴らしい情報ありがとうございました。

Y氏の写真のように、血抜きと神経締めをきちんと行うことで、魚の鮮度を長く保てる上に美味しく食べられます。

保存したり、日数を要する北海道からの発送では、血抜きと神経締めを施した魚と、処理を何もしていない魚とでは鮮度と美味しさに雲泥の差が出ます。

ナイフや神経締めワイヤーは当店に在庫がございますので、詳しくはスタッフまで!!

日浦沖、船五目・船マス情報2/26~2/27

日浦沖の沖釣り情報入ってきました。

2/27(月)早朝、遊漁船 大生丸 松本船長は船五目狙いで出船。狙いのヤナギの舞は型の良い物を中心に1人×40匹程。また他に船中でマスが×3本上がったそうです。

良型のヤナギの舞が中心です

お客様が上げたマス

沖ではタラも入っている模様

また他の僚船では、2/26(日)マス×35本、2/27(月)本日マス×25本上がったとの事で、戸井、日浦沖方面もいよいよマスが入ってきた模様です。

近場で大漁したい方にはオススメですね。

素晴らしい情報ありがとうございました。

日浦漁港から出港 遊漁船 大生丸 松本船長 080-1884-1395 船賃は7000円です(原木根までだと距離があるので8000円です)また、松本船長は2人からでも基本OKで出してくれます。非常に親切な船長さんなので、是非ご利用なさってみて下さい。

遊漁船サクラマス情報 2/25~2/26

2/25(土)~2/26(日)早朝の船サクラマス情報です。

①2/25(土)早朝、椴法華漁港から出ている遊漁船 一幸丸  杉林船長では、竿頭の方で×9本。海状況が悪く11:00には上がったそうですが、マスの魚影はかなり濃かったそうです。

②2/26(日)早朝、椴法華漁港から出ている遊漁船 一幸丸 杉林船長では、本日乗船お客様が3名。竿頭の方で13~14本程。竿を出せたので杉林船長も試しでやった所、船長1人で×30本の釣果と入れ食い状態。船中合計は60~70本くらいはいったのでは?という状況だったそうです。型も2㌔台がいくつも入り、最盛期突入とのお話でした。沖上がりは13:00~14:00頃。

椴法華漁港から出港 遊漁船 一幸丸 杉林船長 090-6219-4265

③2/26(日)早朝、山背泊漁港から出ている遊漁船 北栄丸 斉藤船長では、本日お客様4名乗船にて出港。船中合計では×7本だったとの事ですが、Wやバラシもあり、マスの型も大分大型が入ってきているとのお話でした。置き竿でヒットのパターンもあったそうですから、シャクリが疲れる方もこれはチャンス大ですね。

ちなみに2/22(水)は船中で×20本オーバーの成績だったそうです。

山背泊漁港から出港 遊漁船 北栄丸 斉藤船長 090-3394-3954

※追加情報

←スーパーで函館産マス売ってました。

600~700gくらいの小型で1200円でした。1㌔以上あればこれは2000円は間違いないですね。頑張って釣りましょう!

銚子沖サクラマス情報!!パートⅡ

2/23(木)当店常連のお客様Y氏より情報いただきました。

フィッシュランドメンバーと一緒に出港した22日に続き、23日も連投でサクラマスを狙いに行った、持っている男Y氏。

同行者は常連のお客様Iさん。

Iさんも2日続けての出船で、それぞれご自分のボートにてエントリー。

それぞれ準備を終え、7時半出港。この頃はまだ海況は良かったのですが、予報ではお昼前からうねりが強くなるとの事だったので、Iさんと話し合いの結果、沖の100Mラインまでは出ずに、実績のある60Mラインを終始流す作戦に・・・。

ポイントエリアに到着すると、前日にも同じポイントで船を立てていた漁師船がいましたが、すぐに沖のポイント方面へと移動していったので、Y氏はそこに入る事に。

深場用の太いPEラインを巻いている電動を使っている為、ライン抵抗を考慮して重めの700gのバケと、ステキ針のマス仕掛け16号でスタート。

するとY氏、一投目からボトム付近でアタリが出て、単発ながら早速42cmのマスGET!!

お見事でございます。

この前日に人生初サクラマスをGETしたY氏ですが、ラジオのチューニングを合わせようと仕掛けを下したまま、ラークに固定していたところに掛かり、「釣れちゃった感」しかなかったらしく、この度のサクラマスではやっと「釣った感」が芽生えたそうでした。

気を良くして続けて投入すると、今度は60cmオーバーのタラもHIT。

その後はタラやカジカのアタリは出ますが、マスのアタリは出ず・・・。

ポイントを移動するのに、仕掛けを中層まで回収させてゆっくり船を数分走らせていると、ロッドに魚の反応が!!!

上げてみると少し小振りなマスが掛かっておりました。

2日間で3本のマスを釣って、そのうちまともに釣ったのは1本だけというミラクルな内容に。

釣れたエリアを魚探で確認すると、表層~中層付近に魚の反応が出ており、バケだけではなくジグでも攻めてみましたが、その後なんの反応も無し。

同行者のIさんも、前日のリベンジ達成!見事にサクラマスを釣り上げておりました。

それから後半戦2時間くらいはカジカのアタリすらなく、南東からのうねりが高くなって来たことで11時半ストップフィッシング。

今後もマスだけに固執せずに、状況を見ながら狙える魚種を釣って行きたいとおっしゃっていたY氏。

状況の悪い中、お疲れ様でございました。

今回も素晴らしい情報ありがとうございます。

 

遊漁船サクラマス情報 2/24(金)

2/24(金)早朝の船サクラマス情報です。

椴法華漁港から出港の、遊漁船 一幸丸 杉林船長は、本日波風状況が悪い為、お客様乗船は中止。

その為、杉林船長が調査も兼ねて、1人で試しで出船してきたそうですが、11:30までの間で1人で×20本の釣果だったそうです。

本日特に食い気が良かったマス仕掛けは、毛針が緑毛のタイプ。

型も2㌔クラスも数本入り、魚影はかなり濃く感じたとの事。

ラインが横に流され、やりづらい状況での釣りだったそうですが、それでもまずまずの釣果に明日以降期待が持てるとのお話でした。

素晴らしい情報ありがとうございます。またよろしくお願いします。

椴法華漁港から出港 遊漁船 一幸丸 杉林船長 090-6219-4265 マスの船賃は5000円です。

遊漁船サクラマス情報 2/22~2/23

2/22(水)~2/23(木)の椴法華沖の船サクラマス情報です。

遊漁船 一幸丸 杉林船長は、両日共にお客様4名乗船にて、船マス狙いで出港。

2/22、2/23共に、釣果の方は船中合計で両日共15~17本くらいだったそうです。(1人平均で3~5本程)

2/23(木)本日は、波風があって条件的には厳しい状況だったそうですが、昼頃までやって最大で2.6㌔の良型のマスが×1本混じったとの事。

水深は60m。バケは皆さん700gを使用。

現在群れはちょっと薄い感じだけれども、出船すれば釣れる状況にはなっているので、今後の爆発に期待とのお話でした。

いつも情報ありがとうございます。またよろしくお願いします。

椴法華漁港から出港 遊漁船 一幸丸  杉林千一 船長 090-6219-4265 マスの船賃は5000円です。

銚子沖サクラマス情報!

2/22(水)常連のお客様達と当店店長、スタッフKでサクラマスを狙いに。

先日の爆釣の情報をたよりにいざ出船!

私たちは、当店店長が二度寝した為、遅めの8時出港。

沖でお客様達と合流。銚子沖には遊漁船や漁師さんの船、ゴムボがたくさんおりました。

先発隊のお客様は、すでにサクラマス2本GETと好調ぶり。

私たちもすぐに銚子沖60Mラインにバケを落とし、底から中層にかけて探っていきます。

当店常連のお客様Y氏も気合を入れ、立ってシャクリます。

ふとY氏を見ると、いつの間にかサクラマスGET!

良型タラも釣り上げておりました。

さすが持っている男Y氏。初サクラマス、ミラクルGETです。

 

近くにいた優しい漁師さんが、「今日のタナはベタ底だよ!」と教えていただき、底から3M位のところでシャクリます。

するとスタッフKにガツンとアタリが!!

巻き上げて来ると、水面にキラキラと光るあの魚体が!!

慎重に仕掛けを回収し、サクラマスGETとなりました。

今回はバケ尻の針に掛かっていました。

バケはフジワラのマススぺ グリーン夜光600gにマス仕掛けは、ステキ針の緑16号5本針を使用しました。

45cm、1.1㎏でした。

その後3時くらいまで粘りましたが、凄まじいカジカの猛攻に遭い、下船となりました。

なんとか今年初となるサクラマスGET出来て大満足のスタッフK。

重いバケをシャクリ続け、本日は筋肉痛でございます。