戸井沖のブリ大漁!! 10/25(火)

10/25(火)早朝、当店お馴染みの遊漁船、福井船長の弥生丸が戸井沖にブリジギングに行ってきました。

この日乗船された方は、常連のMさん始め、皆さんブリジギング大好きメンバー。そして現在この方面はとにかくブリの魚影が濃い事もあり、当然の結果として船中は40~50本と大漁の結果となりました(乗船は4名)

また中でもMさんフレンズが釣り上げた、この1匹にはちょっと驚愕しましたね。

kimg0526←ヒラメ!?でか!!

ブリも良いサイズですが、とにかくヒラメがでかい。驚異の93cm!いやー・・凄いですねー、ちょっとビックリしました(笑

そして釣果のコツについて再度伺ったところ、やはり海神様にルアーをいくつか奉納(ロスト)する事だと笑っておられました(苦笑

お疲れ様でした。でも、見事な釣果にビックリですよね。情報ありがとうございました。

函館港内 船だまりから出船 遊漁船 弥生丸 福井船長 090-8270-2135

 

2016道南アキアジ情報 No.23 10/25(火)

10月25日(火)早朝、当店スタッフが友人と一緒にサケ釣りに行ってきました。

今回の場所は鹿部川河口の規制外のテトラ上と、沖のボートチームの2手に分かれての挑戦です。

現地到着は午前4時30頃。ボートチームはボートのエアを補充し、出船準備。テトラチームも準備を終え、午前5時過ぎ頃から釣りスタートとなりました。

ボートチームとして参戦した自分は、友人のE君と乗船。2馬力艇でサケの跳ねを探しながらボートを走らせていると、沖合のそこかしこでサケの跳ねを発見!

早速近づいたのち、アンカーを打ってボートを固定します。そしてすぐにキャスト開始!

釣りのスタイルは陸のやり方と全く一緒で、フロート付きのルアーにエサにはカツオを装着。スローで巻きながらサケのアタリを待ちます・・

すると開始早々、早速自分の竿にアタリが発生!しかし合わせる前に痛恨のバラシ・・悲しい・・・

ただ、そんな中で今年ノッているE君はやってくれます。スタートして30分くらいした時でしょうか、「来た!」の掛け声に合わせて見事サケをヒット!

kimg0518←E君ヒット中!kimg0519←サケが暴れてます。

kimg0520←タモ入れ成功。銀毛のメスでした。

そしてこれを皮切りにボートチームは更に×2本追加。またその後いくつか場所を移って試したのですが、跳ねも少なくなり合計で×3本となった所で、昼前となった事もありストップフィッシングの流れに。

kimg0522←沖のサケは銀毛が多かったですね。

また、この日はテトラ上でもまずまずの釣果で、釣り人が15人くらいで、サケは20~30本以上は上がってました。

当方のテトラ組も、2人でキープ×1本(内1人は初めての女性)、バラシ×3本とちょっと惜しい結果でしたが、引きは十分楽しめたので満足とのコメントもありました。

以上鹿部川河口のサケ情報でしたが(河口規制があるので注意)、こちら方面はまだまだ釣れてますので、チャンスは大いにありだと思います。

銀毛を1本釣りたい方は是非参考になさってみて下さいね。

※追加情報

この日は常路川河口は、朝方全体で×1本とちょっと厳しい状況だったそうです。

戸井沖にブリジギングに行って来ました♪ 10/22(土)

10/22(土)早朝、当店スタッフがお客様と一緒に、戸井沖のブリジギングに挑戦してきました。

遊漁船は当店お馴染みの 弥生丸 福井船長にお願いしました。

事情があって、出港は午前8:30頃と遅めのスタートでしたが、現地に到着すると皆さん早速キャスト開始。

img_0816←ブリ釣り初挑戦のE君。

戸井沖方面は潮が早いので、ジグは平均して200g以上、230~270gくらいが定番です。

img_0815←ジュピタ君は早いジャークで誘ってます。

しかし中々この日は釣果が伸びず、上がってくるのはソイやアブラコのみ・・

そこで早い判断で福井船長がポイントを移動する事に。

img_0814←早速移動(笑

するとこれが結果としてバッチリな判断となりまして、釣り再開となってからは、周りでヒットの連発!!

img_0818←常連のMさんは立て続けにヒット!

img_0817←船上がブリで一杯になってきました。

実際ブリタイムは2時間くらいでしたが、午後からの時間帯でトータル釣果は船中25本前後といった所でした。

竿頭は常連のMさん。2ケタUpの成績で断トツでしたが、コツを伺ったところ、海神様に毎回ルアーを2つ3つ奉納する事だと笑っておられました。根掛かりという名の奉納とは・・・流石ですね(笑

kimg0515kimg0517

これからは戻りブリも入ってきて、益々型物が狙える季節になってきますので、興味のある方は是非チャレンジしてみて下さいね。

詳しくは当店まで

函館港内船だまりから出港 遊漁船 弥生丸 福井船長 090-8270-2135

2016道南アキアジ情報 No.22 10/23(日)~10/24(月)

お客様情報です。

①10/23(日)早朝、茂辺地川河口規制外の立ち込み釣りにて、朝方は合計で30~40本くらいだったそうです。釣り人合計は60名くらい。情報提供のお客様も×1本ヒット。サケの状態は銀毛の物が中心。跳ねは多数との事でした。

②10/23(日)早朝、鹿部の鹿部川河口規制外の釣りにて、沖の消波ブロック上の釣りでは、全体で10~20本は上がっていたとの情報あり。また沖にてパワーボートで挑まれたお客様Kさんから、×2本ゲット情報もありました。他のお客様のIさんも、息子さんと2艇で出船され、見事息子さんが×2本ヒット!(オス×1、メス×1)おめでとうざいます。

③10/24(月)早朝、鹿部の常路川河口のサケ釣りにて、釣り人5~6人でサケは4~5本は上がっていたそうです。お客様は1本バラシで終わったそうですが、跳ねは結構あって、まだまだチャンスありとの事。手前側はウキフカセで狙った方が釣れるのでは?とのお話でした。

皆さま情報ありがとうごさいます。

函館山沖船イカ情報 10/22(土)~10/23(日)

10/22(土)夜~10/23(日)早朝にかけての、函館山沖の船イカ情報です。

当店お馴染みの遊漁船 白姫丸 斉藤船長はお客様6名乗船にて、夜22:30頃出船。終了の午前5:00頃までの間に、釣果の方は1人平均で25~50パイくらいだったそうです。イカのタナは40~50m程。釣った人の仕掛けは、白ベースのオッパイスッテ針に赤いラインが入ったものが良かったとの事でした。参考までに

入船漁港から出港 遊漁船 白姫丸 斉藤船長 090-3468-0259 イカの船賃は6000円です。

知内沖船ヒラメ情報 10/21(金)、10/23(日)

週末の知内沖方面のヒラメ情報です。

①10/21(金)、常連のYさんはヒラメ狙いで午前9:00頃出船。(この日は潮止まりを狙って遅めに出船したとの事)中の川漁港沖で釣りスタートした所、開始30分で×4枚ヒット。良い感じでその後が続きそうだったが、風が強くなって昼過ぎ頃撤収したとのお話でした。それでも釣果は合計で×13枚との事で、最大は48cm。またキープ中8枚が40cmオーバーと型物が多い日だったそうです。

dsc_0986←Yさん絶好調!

dsc_0989←イケスはいつも満タンです♪

②10/23(日)早朝、知内沖で船ヒラメを狙った、お客様のMさんとOさんは、2艇合計で×4枚とのお話でした。比較的早い段階で風が吹いてきたので、早々に撤収したとの事。ちなみにMさんは2馬力、Oさんは6馬力です。

2016道南アキアジ情報 No.21 10/22(土)

10/22(土)早朝のアキアジ情報です。

①茂辺地川河口規制外の立ち混み釣りでは、全体で40本以上の釣果。釣り人は100名以上いたのでは?との事で非常に大盛況だったとのお話でした。情報提供のお客様で×3本ゲット。他にバラシ数回。釣りスタイルはウキルアーとの事。サケの状態は銀毛の物が多かったそうです。(写真撮らせて頂きました)

kimg0514←茂辺地での釣果

②当別川河口のサケ釣りでは、左岸奥の岩盤上の釣りで、数釣りだったとのお話でした。情報提供のお客様で×2本ゲット。釣りスタイルはウキフカセ釣り。

③鹿部の鹿部川河口規制外の沖消波ブロック上の釣りでは、午前9:00頃までの間に×15本以上は全体で上がったそうです。(釣り人は20名はいたそうです)1人で4~5本は上げていた方もいたとの事。また、沖でパワーボートでやられた常連のFさんは、銀毛のサケを×2本ゲット。他のボートの方も×2本ゲットとのお話でした(この方は札幌から来られたそうです)跳ねはボートの周りでもバンバンあって、非常に活性の高い状況だったとのお話でした。

 

鷲ノ木沖のソウハチ入って来ました!!

今年の春先不調だった、鷲ノ木沖のソウハチですが、ここへ来て大漁との情報が入ってきました。

型も大きく30~35cm程。他に大型のアブラコが混じって数釣りが出来るとの事。

昨日も行かれた情報提供のお客様は、午前9:00出港で昼前くらいまでやって、50~60枚の釣果。(他に大型アブラコ×数本)

また、現在釣れている水深は春先よりちょっと深場の30~35mくらいとのお話でした。

久々にソウハチが入ってきましたね。情報感謝です。

2016道南アキアジ情報 No.20 10/21(金)

10/21(金)早朝の情報です。

茂辺地川河口規制外(皆さんウェーディングしてやってます)でのルアー釣りにて、朝方は全体で40~50本以上は上がったのでは?とのお話でした。

kimg0497←釣り風景(皆さん海の中に立ち混んで釣りをしてます)

情報提供の常連のYさんも、ルアーで×4本ゲット。隣の釣り人も×6本ヒットとの事でした。

昨日も釣れたそうなので(昨日、今日はそれ程混んでなかったそうです)、いよいよこちら方面にも濃い群れが入ってきた模様です。

週末はチャンス大ですよ!

知内沖船ヒラメ情報 10/17(月)

10/17(月)早朝の知内沖方面の船ヒラメ情報です。

常連のお客様Yさんは、午前6時頃~終了の13:00頃まで、火力発電所方面から中の川沖合を攻めた所、トータル釣果はヒラメが×13枚だったそうです。

釣りスタイルはバケ釣り。エサはチカと大女子を使用。水深は13~14m。

dsc_0976←イケスはヒラメで一杯です。

このうち火力発電所では×7枚(小型が多かったので早々に切り上げ)、中の川方面では×6枚との事(こちらは45~47cmとまずまず)

dsc_0977←口からはベイトのイワシを吐き出していたそうです。

現在漁港周りでは、ベイトであるイワシの群れが非常に多く、その為これを捕食しにヒラメの魚影も濃いのでは?とお客様は言ってました。

素晴らしい釣果にビックリですね。情報ありがとうございました。