遊漁船船マス情報 3/11(土)

遊漁船の船サクラマス情報です。

①3/11(土)早朝、湯川漁港から出ている、遊漁船 彩貴丸 和崎船長では、日浦沖方面まで走り、マスは船中で×25本。竿頭の方で×9本だったそうです。

湯川漁港から出港 遊漁船 彩貴丸 和崎船長 090-5076-3119

②3/11(土)早朝、山背泊漁港から出ている、遊漁船 北栄丸 斉藤船長では、この日マスが船中で×60本オーバーと爆釣だったそうです。

山背泊漁港から出港 遊漁船 北栄丸 斉藤船長 090-3394-3954

ここへ来て、マスが最盛期に突入の感じですね。チャンスの今は行かなきゃ損ですよ!

情報ありがとうございました。

2017パワーボート新製品展示会開催!!

今年もそろそろ本格的にボートシーズンが始まってきました。

そこで、毎年恒例の一大イベント、パワーボート新製品展示会を今年も開催します。

開催期間は3/17(金)~20(月)までの4日間。(朝10:00~18:00まで)

アキレスやジョイクラフトの今年のNEWモデル艇の他、各種ボート関連パーツ、ボートフィッシングには欠かせない魚群探知機等、様々なボートに関するアイテムの展示説明も合わせて行う予定です。

展示会ならではの、特別価格を各種ボートについてはご用意していますので、興味のある方は是非ご来店されてみて下さい。

ボートご成約のお客様には、お買い上げ特典もご用意していますのでお楽しみに。

また開催期間中の、3/19(日)~3/20(月)は、エンジンオイル、ギヤオイルの交換イベントも行います。どちらもオイル料(工賃)込で、1台税別1000円にて承りますので、シーズン始めにメンテナンスしたい方は、是非お持ちください。(エンジンオイル、ギヤオイル両方の方は1台税別2000円です。)

※持ち込み台数や、お持ち頂いたエンジンのドレンプラグが固着している等、作業に時間が掛かる時や、出来ない時もありますので、予めご了承願います。

人気の魚探の講習会も、3/19(日)、3/20(月)は開催を予定していますので、お楽しみに。こちらは詳細はまた後程Upします。

←展示会会場作成中

オススメボートとのエンジンセット価格については、フィッシュランドHPの2017新製品、パワーボート展示会をクリックされますと、カラー広告が見れますので、是非ご覧になってみて下さい。

広告掲載ボート以外についても、開催期間中は特別価格が適用されますので、お問合せ下さい。

詳しくは、西桔梗店 担当 山下まで

銚子沖サクラマス情報!!

当店常連のお客様Y氏よりまたまた、情報いただきました。

前日9()にマイボートで出船した、Y氏とIさん。

何と10()も連投で出船したそうです!

早朝待ち合わせで、それぞれのボートで銚子沖へ。

もはや名(迷?)コンビですね()

この日は開始からIさんが好調で、コンスタントに4本釣り上げたそうですが、Y氏はその時まだ0本。

釣り開始して3時間経過してもまだマスが釣れておらず、さすがに「今日こそヤバいかも」と思ったそうです()

Y氏はIさんと並んで流した際に、真横で5本目を釣り上げたのを目の当たりにしたため、前日好調だったバケを見切り、全く違ったカラーにして落としてみたところ、フォール中にラインが止まるアタリが。

しっかりフッキングして、上げてみるとマスのダブルヒットだったそうです。

バケのカラーチェンジだけで、こうも明確に差が出るものか!と驚いたそうですが、それよりも釣れてホッとした事が大きいでしょうね()

その直後から2人共アタリが止まった事で、気分転換に沖の深場へ移動。

そこでもIさんはマスを1本釣り上げたそうです。

最近のIさんには釣りの神様が降りていますね()

船の流れ方は申し分なかった様ですが、風上の室蘭方面から巨大な雪雲が迫って来ていた事で、話し合いの結果視界を遮られて危険な目に遭う前に元のエリアへ戻る選択をしたそうです。

この判断は賢明ですし、マイボートの皆さんにも心掛けてほしい事ですね!

元のエリアに到着後に、ホワイトアウトするくらいの雪に降られたそうです。

Y氏は視界不良である事もあり、そのエリアで粘ったそうですが、そこでラッシュが。

トリプル掛けが1回、ダブル掛けが3回と、一気に本数を稼ぎます。
 

視界が晴れた後にIさんがやって来て、Y氏の釣果を聞いて愕然としたそうで、それもそのはず、Iさんは視界不良をやり過ごすために、釣りをせずに風裏の山陰に避難していたそうです。

Y氏は「Iさん見えなくなるまで流してるけど、結構釣れてるのかな」くらいにしか思ってなかったそうで、その辺りIさんの行動は実に賢明ですが、Y氏は荒れた瞬間食いが立つ!と狙い撃ちする辺りが抜かり無いというか野性の勘が鋭いというか、しかし褒められたものではないですね()

マスのアタリが遠退いた事と海況を考え、14時半辺りで切り上げたそうです。

Y氏の釣果はサクラマス14本で、この日の最大は52㎝・1.7㎏。
 

Iさんの釣果はサクラマス12本とタラ5本。

2人共お見事な釣果でございます。

話を伺った2人の話をまとめると

朝の時合いは小振りなサイズが多い。
天気や海況が変わったら、警戒心が薄れて型物が釣れだす。
バケや毛鉤はマメにローテーションする。

という事でした。

特に今日のY氏は、釣果が好転したのはバケのカラー以外考えられないと言っていました。

その日の当たりカラーを見つける事が好釣果に繋がる辺り、ジギングに通じるものがあって奥が深い釣りですね。

2日間お疲れ様でした。

今回もまた素晴らしい情報をありがとうございます!

銚子沖サクラマス情報!

9()、常連のお客様Y氏から銚子沖サクラマス情報を戴きました。

この日も早朝から出船。

同行者は、こちらも常連のお客様Iさん。

最近何故かこのコンビで出船する事が多い様です()

2人はそれぞれのボートでサクラマスポイントを目指します。

ポイント一帯にはここ最近の好釣果を裏付ける様に、ゴムボートや漁師船、遊漁船が続々と集まって来ます。

早速仕掛けを投入し、誘いを入れてアタリを待ちます。

すぐアタリが出るはずと捕らぬ狸の皮算用で余裕をかましてシャクリを入れますが、しばらく流しても魚からのコンタクトは無かったそうです。

周りではポツポツ釣れ始め、釣れている人で45本上がっている時点でY氏はまだアタリも無く0本。

このところの傾向で、食いが立つのは早朝で、しかも時合いが短い事を掴んでいた事から、焦らず状況を見極めようとしますが、内心少しヤバいなと思い始めていたそうです()

そうしているうちに待望のアタリが来て、合わせを入れて巻き上げてみたところサクラマスのダブル。

1本は58㎝・2.2㎏と、なかなかのサイズ。

掛かっていたマス2本共にタコベーなど付いていないシンプルな毛鉤だったので、潮が澄んでいて魚に無駄なアピールが必要が無い事と、連日のプレッシャーから魚が少しスレていて派手なアピールは逆効果と判断。

そこで仕掛けを自作しているY氏、5本全部がシンプルな毛鉤の仕掛けに交換したそうです。

その判断が良かったのか、時合いが終わりつつあった時間から追い上げて、ダブルヒットが3回のマス8本、タラ2本、トウベツカジカ1本釣ったところで海が荒れて来たので、午後12時半に終了の運びとなりました。

先週の大爆釣の日は仕事で参戦出来なかったY氏ですが、行けなかった日でも情報収集して、ポイントや群れの傾向を掴んでおり、何だかんだ言って最終的には釣果を出す持ってる男Y氏。

今回もさすがでございます。

今後のY氏は、比較的簡単に釣れる新しく入って来た群れが数日間に渡って同じエリアを回遊していくうちに、今回の様にスレた場合を想定して攻め方を変えていくそうです。

マニアックですね()

今回も素晴らしい情報をありがとうございました。

銚子沖船サクラマス情報 3/6(月)

3/6(月)早朝、当店スタッフTKCが、お客様と一緒に今季2度目のボートサクラマス釣りに行ってきました。(ボートは免許不要の2馬力です)

この日はちょっと遅めの8:00頃に出船し、沖合で皆さんと合流すると、何やら皆さん大忙しの様子。

「んん・・!?」と挨拶もそこそこに様子を伺うと、どうやらマスの入れ食いタイム中の様です。

これは急がねば!!・・という事で、慌ててスタッフTKCも準備&仕掛け投入、&シャクリ開始!(笑

仕掛けはステキ針の16号改造(ピンクタコ付)にバケは600g使用です。

←水深は約50~60m程

すると驚きの1投目からいきなり本命のサクラマスがヒット!

「今日はやばいかも!?」

興奮しながらも慎重なやり取りの末、これを無事キープする事に成功。

そして急いでまた仕掛けの投入です。

周りでは常連のI藤さんが「本日9本目!」と景気の良い声が(笑

常連のO野さんは、「3本針仕掛け(バケ尻を入れると4本)にマスが×4本来たよ!」とこちらも大フィーバーの様子。

これらの嬉しい声を聞きながら、スタッフTKCも続々とヒット&ゲットを繰り返します。

この日はWも当たり前でした。

ただ、中でも名人Fさんの釣果は頭1つ抜けてましたね。

10:00~11:00くらいの時点で驚きのトータル×28本!!流石です(笑

またベテラン組は、H田さんが×14~15本、T田さんが×18本、I藤さんが×14~15本と皆さん爆裂でした。

I藤さんにいたっては、バケを×2本落としたそうですが、マスの爆釣で悲しみもどこ吹く風のご様子でした(笑)

その後マスの他にもタラやホッケ、マゾイ等も掛かり、忙しくも楽しいまま本日の釣りは終了の流れに。

沖上がりは13:30頃。道具を片付けて帰宅です。

ちなみに最終釣果はこんな感じでした。

驚きの5本同時ヒットもありました(仕掛けはバケ尻入れて5本だったので、パーフェクトです 笑)

3月に入り、マスは良型が入るようになってきてますので、釣り応えもバッチリでとてもスリリングで楽しいです。

2㌔クラスも数が上がってますので、皆様今がチャンスです!

遊漁船も多数出ていますので、興味のある方は是非チャレンジしてみて下さいね。

←このクラスの引きはサイコーです。

※遊漁船マス情報

3/6(月)早朝、椴法華漁港から出ている、遊漁船 一幸丸 杉林船長では、この日船中でマスは×60~70本程。

竿頭の方で×21~22本、次の方で×20本くらいだったそうです。釣れてますねー(笑

情報ありがとうございます。

椴法華漁港所属 遊漁船 一幸丸 杉林船長 090-6219-4265

また、椴法華漁港には、当店でも以前ご紹介した遊漁船の仁洋丸さんもあります。優しい船長さんで、息子さんと2人でやってますので、是非マスのチャンスの今は乗船されてみて下さい。

椴法華漁港所属 遊漁船 仁洋丸 板倉船長 080-6099-1211

ホッケ&船マス情報 3/7(火)

当店お馴染みの遊漁船、日浦漁港の大生丸 松本船長より釣果情報頂きました。

3/7(火)本日は、船マス&ホッケ狙いで出港。

海状況が厳しい中、調査も兼ねて粘ってみたそうですが、本命のマスは船中で×3本ゲット。

またホッケは×10本キープ出来たとのお話でした。

DSC_0011

最近はホッケが中々釣れず、スーパーでも値段が高いですからね。ある意味マスより貴重かもです(笑

松本船長いつも情報ありがとうございます。

日浦漁港から出港 遊漁船 大生丸 松本船長 080-1884-1395 船賃は7000円です。(松本船長は2名からでも出港してくれる親切な船長さんなので、お気軽にお問合せしてみて下さい)

大沼ワカサギ情報!

3/5(日)当店スタッフTKCが大沼の太公園さんにワカサギ釣りに行って来ました。

到着は10時。本湖へと向かうとすでに20名程の釣り人で賑わっていました。

早速、テントを建ててワカサギ釣り開始。

テントの中はポカポカです。

今回スタッフTKCはワカサギ仕掛け5本針1.5号を使用です。

午前中は食いが渋く、ポツポツとしかつれませんでしたが、お昼すぎからは爆釣モードに突入。

一度にトリプルや4匹掛けと入れ食い状態。非常に活性が高く、型も大きく、一番大きなワカサギは15cmくらいのものもおりました。

気が付けばこんなに沢山釣り上げておりました。

もう、ワカサギも最終戦となってまいりました。

今回お世話になった、大沼太公園さん。

氷の状態により変わりますが、今週水曜日頃までの営業となるそうです。

とはいえ、まだまだこんなに釣れております。

営業日や時間は、詳しくは担当川村さんまで。

TEL  090-2810-7347

遊漁船サクラマス情報 2/28~3/5

ちょっとUpが遅くなりましたが、2/28(火)~3/5(日)の遊漁船のサクラマス情報です。

2/28(火)は、今一押しの遊漁船、椴法華漁港から出港の 一幸丸 杉林船長 にお願いして乗船してきました。

この日はお客様と当店スタッフの合計4名でチャレンジしましたが、ちょっと諸事情がありまして、中々釣りがしずらい状況が続きました。

←常連のMさんは連日のチャレンジ

潮も早く、800gのバケでも底が取れない厳しい状況の上、付近にはアザラシが多数回遊する悲しい風景が・・

そのような中でも、当店スタッフKは愛用のシャクリラークを活用し、力いっぱい竿をシャクってマスを狙います(笑

←シャクリスタート

←奥の海上には名人O村さんボートが見えます。

ただやはりラインが後ろに流れて、前と後ろの釣り人でお祭りが多数発生。

仕方が無いので、冗談も含めてバケを2つくっつけて、合計1300gにして仕掛けを投入してみた所、何とこれにマスがヒット!

これを見事取り込み、ようやく本日の初釣果となりました。

←型は1.5kgでした。

しかし中々次が続かず・・・

←トモで頑張るIさんと、ダウン中のMさん

時間も過ぎていき、海状況も良くない事から終了の流れとなってしまいました。

←力尽きた皆さまの様子

お昼過ぎに港に帰港です。

この日は残念な形で終了となってしまいましたが、諦めずにリベンジしますので、その時は良い釣果をUp出来るように頑張ります(笑

椴法華漁港から出港 遊漁船 一幸丸 杉林船長 090-6219-4265 マスの船賃は5000円です

②3/2(木)情報ですが、杉林船長は様子見を兼ねて1人で出港。マスの釣果は船長1人で×40本だったそうです。

③3/3(金)情報ですが、恵山の遊漁船から3人乗船で×19本との連絡が入りました。

④3/4(土)早朝情報ですが、一幸丸 杉林船長はお客様4名乗船にて出港。船中合計は約×50本との事。竿頭の方で×10本程。最大で2㌔クラスが数本入ったそうです。杉林船長もみよしでやったそうですが、×12本上げたとのお話でした。

⑤3/5(日)情報ですが、杉林船長は、昼過ぎからの釣果確認の為に出船してみた所、夕方2~3時間で14~15本の釣果だったとの事です。

 

ショアサクラマス情報 3/5(日)

3/4~3/5のショアサクラマス情報です。

ここへ来て、函館地区でもショアサクラマスの釣果が上がってきたとの熱い情報が入りました。

場所は大森浜。

3/4(土)は良い人で3~4本は釣り上げたとの事で、3~4名の釣り人合計で10数本は上がったとのお話でした。

ルアーは主にジグを使っての遠投が有利だったそうですが、近場でこれだけ釣れたら行かないとダメですよね(笑

本日も数名のルアーマンが竿を振っていましたが、場所についてはお客様が画像撮ってきてくれましたので、早速Upします。

Mさんご協力感謝致します。

←亀田川より住吉漁港寄りのようです

投げカレイ情報 3/5(日)

3月に入り、函館近郊でも投げ釣りの釣果が上がってきました。

最近では特に大森浜での投げカレイが好調との事で、先日もイシモチガレイを中心に×17枚の釣果を上げたとのお客様情報も頂きました。

型は大きいので30cmちょっととのお話でしたが、他にもアブラコが掛かってくるとの事でした。

本日3/5(日)も、数名の投げ釣り師が竿を出してましたので、参考までに画像Upします。

砂浜での釣りとなります。