熊避けグッズ入荷中です!

釧路は9年振り?に流氷が流れてきたりしてはいますが
気温はだいぶん、春めいてきましたね~。

山の雪も大よそ溶け始めているので、そろそろスノーシュー無しでも
歩けるようになった頃合いでしょうか?
人間が歩きやすくなっているということは
冬眠から目覚めた熊にとっては、より一層活動範囲が広がるということですね。

彼らのテリトリーに入る以上は出会わない対策が必要となります。
そこで、まずはコチラですね。

熊避け鈴です。こちらの存在をアピールして極力、熊の方から距離を置いてもらうようにしましょう。
出会い頭が最も危険と言われています。

そして、

万が一、目前に熊が現れコチラに向かって来てしまったら
熊撃退スプレーです。
自分にかかってしまうと大変なことになるので注意が必要ですが
有ると無いとでは、大きな差があると思います。
最近では、お仕事で山に入られる方も携帯される方が増えてきましたね。

どう考えても喧嘩で勝てる相手ではない、命に係わる問題ですので。
私も買いました(笑)

釣りはもちろん、これから山菜採りのシーズンを迎えます。
安全管理、自己防衛はしっかりして楽しみましょうね。

Mr.釣りキチ四平さんの釣果画像

久しぶりの四平さんです(笑)

湿原河川は場所により腰まで雪に埋まってしまう程ですが
春は着々と近づいてきています。

いよいよ平成のツワモノ 四平さんも動き出してきております。

いきなり・・・

一応、この魚って幻なんですけど(笑)
この前の釣行でさらに大型のイトウをヒットさせていたそうです。恐るべし。
イトウさんは、そんなにポンポンとヒットする魚ではありません。
『反省してください』(笑)

そして

アメマスもヒット!
だいぶん腹フックへのヒットが多くなってきているので活性が上がってきているかな?
とのことです。数も出始めてきたようですね。
これからが楽しみですね~!

ちなみに四平さん。
やはり驚異のキャストコントロールを持っています。
なかなか狙えないピンポイントでも打ち込むことが出来るか否かでも釣果には差がでるものです。

但し、ここは北海道の道東地区。以前より魚の数が減少してきているとはいえ
そこまでのキャスト能力が無くとも、アメマスをはじめとした魚たちは
遊んでくれますよ~!
ルアーを持ってチョット遊びに行ってみましょう!

恐らく四平さんはサイボーグかなにかなので。
009かキカイダーあたりの。
個人的にはハカイダー(自然はハカイしません)だと思ってます(笑)

※お客様のMr.釣りキチ四平さんから釣果画像を頂きました。
釣場を公表しないことを前提に
画像を頂ける運びとなりましたので不定期ではありますが
過去の釣果画像も合わせて道東河川のポテンシャルの凄さを紹介していきたいと思います。
『こんなのが居るんだな~!』という感じでとらえてください(笑)

※ゴミは必ず持ち帰りましょうね。
綺麗な釣り場で、今後も釣りを楽しんでいくためにも
心掛けていきましょう。
釣り人がいるから釣場が綺麗になると言われる日が来ることを願います。

湿原河川へアメマス釣りに。

3月28日(火)Y様と湿原河川へ同行させて頂きました。

小型ながらワカサギ釣り以外(笑)でのアメマスがヒット!

ラパラのカウントダウン ファイヤータイガーにて。
昔から、この色にはイイ思いをさせて頂いております。
写真のリールは
KPY レヴォーグ3000。サイズの割にガッチリしたパワーが魅力です。

ヒットしないまでも追いを確認できたり
徐々にアメマスの活性が上がってきていることを実感できる一日でした。

但し、残雪がまだ多くスノーシューは必携でした。
それでも埋まる時は腰近くまで埋まる状況でしたので
言うまでも無く、私の股関節は見事なまでに粉砕されました(笑)。
あと2週間もしたらイイところ溶けるとは思いますが・・・。

今回、Yさんのキャスト法、攻め方などじっくり見させて頂いておりましたが
脱帽モノでした。
『その隙間にブチコミますか、しかもレーザービームなみに(笑)』
もちろん私より釣果あります。たぶん『メカ』ですね、あの方は。

釧路川流域など近郊で釣果が出始めてきているようですので
ようやく比較的、手軽に楽しめるようになってきた印象です。
折角の道東河川。ルアーを持って遊びに行ってみませんか?

※ゴミは必ず持ち帰りましょうね。
綺麗な釣り場で、今後も釣りを楽しんでいくためにも
心掛けていきましょう。
釣り人がいるから釣場が綺麗になると言われる日が来ることを願います。

チライ150ミドル少量入荷!

L.W.Works社よりチライ150ミドルが少量入荷いたしました。

『Spec(性能)、Design(意匠)、Quality(品質)。
この3つの要素を大切にしていく。
L.W.Worksの目標であり、絶えず取り組む姿勢です。
アングラーが求めるかけがえのない1匹の為に、
いつ訪れるか判らない瞬間に対し最良の満足を得られるように、
この3つは大切は要素だと考えます。

手にした時、キャストの最中、そして帰宅後。
いつ何時でもアングラーの方々が
その瞬間を思い起こし、大切な時間に高揚していただけるタックルを。』
※L.W.Works社ホームページより抜粋させて頂いております。

今回は

アルミブラック、オス婚姻色、メスの入荷となります。
完売の場合、再度注文をしても入荷までは2か月~程かかりますので
狙っていた方はお見逃しなく~!

達古武沼ワカサギに行ってきました。

先週は動けなかったのですが今週も達古武沼へワカサギ釣りに行ってきました。

塘路湖の遊漁期間が終了していることもあるのか
平日の割には釣り人が多くみられました。

この角度ではわかりにくいのですがテントを張る方、張らない方が点在されていました。

日中はポツポツ釣れる程度ですが
午前11時頃にプチラッシュあり、60匹程でしょうか?
そして・・・

塩タレ旨し(笑)

昼くらいで大多数の方は引き上げていったのですが
やはり夕方にラッシュがあり

小型の割合が多かったので前回より少ないように感じていましたが
数えてみると230匹。思いのほかいましたね(笑)

仕掛はマルフジ ケイムラワカサギFT0.8号、オーナー 渋りワカサギ1.0号に
ニンニク白ラビット、ニンニク紅ラビットを使用しました。

氷の厚さはまだ50cm以上あり、まだ楽しめそうですよ。
但し、漁協が管理している釣場ではないので全て自己責任となります。
危険そうな場合、無理はしないようにしましょう。

※ゴミは必ず持ち帰りましょうね。
綺麗な釣り場で、今後も釣りを楽しんでいくためにも
心掛けていきましょう。
釣り人がいるから釣場が綺麗になると言われる日が来ることを願います。

お客様 カジキを釣る!

北海道のお話では無いのですが
3月初旬に与那国島に行かれたお客様が見事に
カジキを釣り上げてきました!

コチラです!

いや、デカすぎでしょう(笑)

なんと、100kg!お見事としか言いようがないですね~!
2日間乗船して1日目が78kg?(充分スゴイんですが)、
2日目が画像の100kgとのことです。

改めて思いますが日本にいるんですね~(笑)
種類はクロカジキで釣りキチ三平に登場していた『ブルーマーリン』ですね。
キャプテン・エイハブとデビルソードです(笑)

まさか、身近にブルーマーリンを釣ってくる方がいるとは・・・
御見それ致しました!

達古武沼へワカサギ釣行

2月21日(火)お客様ミスターYさんと達古武沼へワカサギ釣りに行ってきました。
氷上は予報を上回る爆風のため貸し切り状態(笑)

今回も今期新発売となったヘキサゴンフィッシングテントを使用。
ちなみに只今、特価販売中です(笑)

水深は1mも無いほどですので手返しが早くていいですね。
但し、魚はいるようですが食いが渋い(汗)
0.8号の仕掛で丹念に拾い釣りをしてポツポツと
5~7cmのワカサギが釣れます。

たまに13cm程の大型が来ます。画像に写っているワカサギ竿は
なんと、お客様手作り!かなり絶妙な竿調子。恐るべしミスターYさん(笑)
開始30分程で最近、川でも中々お目にかかれなくなった位のサイズと思われるアメマスに
あっちゅう間に仕掛を持っていかれましたが、折れないものですね。お見事な仕上げぶりです。


お昼は恒例の焼肉(笑)
黄〇のタレ辛口とギョウジャニンニクが胃袋を鷲掴みにします。
こうゆう楽しみがあるのもワカサギ釣りのイイところですね。

その後、小一時間ほどラッシュ入り入れ食い突入。

一気に数が伸びました。

家で数えてみると

小型中心のため、イマイチ感覚がずれていましたが
201匹の釣果でした。じっくり腰を据えて狙うと楽しめますね(笑)
ここは漁協が管理している釣場ではないので全て自己責任となります。
昨日時点で氷の厚さは50cm以上ありましたが
今後、気温の上昇とともに氷が緩む時期となってきますので
釣行の際は注意していきましょう。

今回使用したエサですが

にんにくシリーズです。妙に反応が良かった印象です。

※ゴミは必ず持ち帰りましょうね。
綺麗な釣り場で、今後も釣りを楽しんでいくためにも
心掛けていきましょう。
釣り人がいるから釣場が綺麗になると言われる日が来ることを願います。

『第6回 フィッシュランドカップ わかさぎ釣り大会 IN阿寒湖』無事終了

2月5日に行われました当社主催の

『第6回 フィッシュランドカップわかさぎ釣り大会 IN阿寒湖』ですが

参加者様のご協力のもと無事、開催することが出来ました。

当日は例年になく大会開催時間内は好天に恵まれ、絶好の釣り日和となりました

釣果の方は例年より食いが渋く各チームなかなか釣果が伸びてこない

状況でしたが

2017年度 優勝チーム

優勝チームの総重量は1.3kgの好記録となりました。

改めて総合優勝おめでとうございました。

大会順位の全集計結果に関しましては後日、各店にて告知させてたいただきます

また、当日、撮影させていただきました大会風景もあわせ各店にて

展示しておりますので参加者の皆様はぜひご来店ください。

 

また今回は初めての試みとして総合順位のほかファミリー部門、レディス部門、

シングルコンビ部門の4部門のカテゴリーでも順位を競っていただきましたが

大会運営側の確認作業の怠りでレディス部門での表彰に関して

不手際があり、それら部門の表彰対象となりました2チームの皆様、

また今大会に参加して頂きました全参加者の皆様に不快と混乱を与えてしまった

事を改めてお詫び申し上げます、大変申し訳ありませんでした。

今後、このような事が起きないよう大会運営スタッフ一同

気を引き締めなおして大会運営にあたらせていただきますので

今後もワカサギ釣り大会、そして当社へのご愛顧をよろしく願いいたします。

 

大会開催迫る!!

いよいよ2月5日(日)阿寒湖にて行われる

『第6回 フィッシュランドカップ わかさぎ釣り大会 in阿寒湖』の開催が

1週間を切りました

参加者の皆様も各々、大会準備に勤しんでいるかと思われます

大会実行委員会でも皆様に楽しんでいただけますよう着々と準備を

進めております。

賞品、抽選会景品のご用意も出来ました。

今大会はファミリー部門、レディス部門など新しい競技部門を設けましたので

ぜひ、ご期待ください

前回大会に引き続き

今大会も旭川 永山店の常連様のご厚意によりいただきました

わかさぎ特製メジャーも賞品として活用させていただいております

大会運営スタッフ一同を代表しましてご厚意に御礼申し上げます。

なお、今大会においても多くのご参加、ご協力、協賛をいただきました

メーカー、企業様にもあわせまして御礼申し上げます。

 

では参加者の皆様、2月5日 阿寒湖にてお待ちしております。

風蓮湖 氷上大チカ

本日1月22日(日)に風蓮湖に氷上大チカ釣りに釣行されたM様の情報です。
夜明けより開始して良型チカが160匹程の釣果!
あんまし、数伸びなかったな~とのことでしたが
サイズがサイズなので充分だと思いますよ(笑)

仕掛は赤スキン巻き5本針の4号、5号が良かったようです。
エサは白サシ、紅サシを使い分けて。

釣る人は更に数を上乗せしているようですが
場所によってムラが大きいらしく、一つのテントの中でも
釣れる穴、釣れない穴がハッキリしているとのことでした。
他の釣場でもあることですが
風蓮湖のように水深の浅い釣場では特に起こりやすいですね。

M様にお裾分けを頂きました!

有難うございます~!

上の方の茶色っぽいチカはお客様お手製めんつゆ漬けになっていたものです。
風蓮湖のチカは型の割に骨も柔く、独特の甘みがあって美味しいんですよ~!

※ゴミは必ず持ち帰りましょうね。
綺麗な釣り場で、今後も釣りを楽しんでいくためにも
心掛けていきましょう。
釣り人がいるから釣場が綺麗になると言われる日が来ることを願います。