知内沖、ボートヒラメ釣り情報 9/4(月)

9/4(月)早朝の知内沖のボートヒラメ釣り情報です。

常連のお客様、知内のヒラメ名人Yさんは、この日午前6:00頃出船。

火力発電所桟橋沖の、緑鉄塔から涌元よりに船を流し、浅めの水深を中心にヒラメを狙ったところ、釣果の方はキープ×13枚だったとのお話でした。

型は50cmオーバーが×3枚、45~50cmクラスが残りの10枚だったとのお話で、比較的型は揃っていたとの事でした。

終了は午前9:30頃。海は若干うねりがあり、ボートはY名人の1艇のみだったとのお話でした。

ヒラメは変わらず釣れてますね。Y名人いつも情報ありがとうございます。またよろしくお願いします。

パワーボート船イカ情報 8/30(水)

8/30(水)早朝、朝一勝負でまたまた函館山沖に、パワーボートで船イカ釣りに行ってきました。

出船は午前5:00頃。お馴染みの立待岬手前の契約斜路からの出港です(こちらの斜路はどなたでも契約は可能ですので、興味のある方はお店までお問合せ下さい)

免許不要の2馬力全開で走り、20分程でポイントである水深90mラインに到着。

←沖合でお客様達と合流。

いつものように魚探を作動し、画面を見ていると早速イカの反応があります。

なので、すぐに仕掛けを投入(笑)誘いをかけてアタリを待ちます。

すると開始早々、早速イカがヒット!傍でやっていた常連のI藤さんも連続で上げていきます。

←I藤さんは最近イカ釣りにはまってます(笑

←函館山を見ながらのんびりイカ釣りです。

この日は若干流れがあり、だんだん沖合に流される潮でしたが、それでも仕掛けを落とせば終始イカがヒットし、終了の7:40頃までに自分で約40パイ、I藤さんで60~70パイくらいの釣果でした。

←I藤さんクーラー。2時間で十分な釣果です。

(イカは釣れた都度イカ締めアイテムでしっかり締め、海水氷で冷やしてきてますので鮮度は抜群です。)

現在の函館山沖の船イカは非常に好調ですので、チャンスの今は是非行かれる事をオススメします。美味しいイカの大漁間違い無しですよ!

以上、函館山沖パワーボート船イカ情報でした。

汐首沖でブリ大漁!! 8/30(水)

8/30(水)早朝、当店常連のお客様M神様が、友人数名と一緒に汐首沖のブリジギングに挑戦!

船は当店お馴染みの遊漁船 弥生丸 福井船長です。

最近は不調の流れが続いている沖合のブリですが、この日はスタートから入れ食い状態に突入!

ベテランのM神様は、鬼ジャーク&合わせの連発で、8kgオーバーを筆頭に軽く2ケタUpの成績。

←8kgオーバーヒット!

←大型60ℓクーラーはブリで満タンです。

水深は30~50mが中心。

釣れ過ぎて、クーラーに入りきらないので、お持ち帰りが大変だったとの嬉しいコメントも頂きました。

船中では30本以上は上がったのでは?との事で、いよいよこちら方面の船ブリの釣果も上がってきた模様です。

チャンスの今は行かなきゃ損ですよ!

情報ありがとうございました。またよろしくお願いします。

函館港内 船だまりから出港 遊漁船 弥生丸 福井船長 090-8270-2135

函館沖!イカ祭りIN彩貴丸

連日好調の函館沖の夜イカ!

9/2(土)当店常連のお客様達が、湯の川漁港から出港の彩貴丸(和崎船長)に乗船!!

午後10時、10名のお客様で出港です!!

爆釣モードは午前0時近く!

水深70M~80Mラインで棚は20M~40M。

オモリが落ちる前にイカが着いてオモリが落ちて行かない状態になることも!!

連日のイカ祭りでピンクの彩貴丸もイカ墨で真っ黒に!!

仕掛けはスッテ、ヘラ針、サカナ針と皆様、多種多様。

仕掛けや誘い方によって、釣果に差が出るものの、皆様大爆釣!

常連のお客様、名人Mさんにいたっては、得意の10本針で200オーバー。素早い手返しで釣果をかせぎます!

午前4時下船。皆さんクーラー満タン。60ℓクーラーに入りきれず、予備のハッポウに入れることになるほどの爆釣でした。

 

こんな感じで函館沖、イカ絶好調です。

今回お世話になったのは、湯の川漁港から出港 彩貴丸  和崎船長(090-5076-3119)

広い船内には休憩室、大きなトイレもついているので、女性やお子様でも安心です。

イカナイト、まだまだ出港いたします。

詳しくは当店スタッフか直接、船頭さんまで!!

 

涌元沖、ボートヒラメ大爆釣!! 8/30(水)

8/30(水)早朝、当店常連のO村名人が、久々に知内沖方面にパワーボートで出船。(出船は5:00頃)

狙いはもちろん大物ヒラメ。

名人はこの日、涌元沖方面から試してみようという事で、スタートは水深12~13mくらい始めたそうですが、ここで入れ食いのようにヒラメがヒット!

(何と一投目からWだったそうです)

あっという間にキープしただけで×17枚という成績に。

そこで今度は沖合も試してみようという事で、今度は水深25mくらいに移動。

するとここでもアタリが頻発し、MAX59cmを筆頭に×12枚キープする事に成功。他にイナダが×1本。

トータル成績はヒラメがキープ×29枚となり、しかも50cmオーバーだけでも12枚という型物続出の展開に、名人も久々に釣りを満喫出来たとのお話でした。

60ℓクーラーに満タンとなり、時間も13:00頃となった事で終了の流れとなったそうです。

流石は名人ですね・・平物で60ℓクーラーが満タンとは凄すぎです(笑

素晴らしい情報ありがとうございました。知内、涌元沖のヒラメは釣果急上昇ですね。

朝一勝負でボートイカに行ってきました♪ 8/28(月)

8/28(月)早朝、お客様と一緒に、函館山沖へパワーボートでのイカ釣りに行ってきました。

この日は自分は朝から仕事の為、出来て2時間くらいかな?という感じでの短時間一発勝負のチャレンジです(笑

出船は午前5:00頃。いつもお世話になっている、立待岬手前の契約斜路からです。(ここの斜路はどなたでも契約可能ですので、興味のある方はお店までお問合せ下さい)

←出発前の様子。エンジンは誰でも使用可能な、免許不要の2馬力エンジンです

順調に海へボートを浮かべた後は、2馬力全開で函館山沖合のイカポイントを目指します(笑

←立待岬沖を疾走中

そして大体20分前後でポイント到着。水深は90m程。

魚探を作動させて様子を伺ってみると、早速底付近にイカの反応があります!

なのですぐさま仕掛けを投入(笑

※仕掛けはヤマリア社のサカナ針18cmブルー×5本針に、オモリ120号、竿は船竿の150-240、電動リールはシマノ ビーストマスターの3000を使用です。

そしてオモリが着底した後、ちょっと仕掛けを巻き上げてから、ゆっくり竿を上下してイカを誘ってみます・・すると5秒と経たずに早速イカがヒット!

←イカヒット中!

まずは本日の一パイめという事で、すぐさま電動リールのスイッチをON。6~7割くらいのスピードで巻き上げていきます(余り高速で巻き取るとイカは外れてしまう事が多いので、巻き上げについてはある程度手加減がオススメです)

そしてこれを無事ゲット成功。嬉しいWからのスタートでした。

←イカゲット成功!Wでした。

またこれを皮切りに、周りでやっていたお客様や、当店スタッフのTKCも続々とイカをヒットさせていきます。

←スタッフTKCは取り込みしやすい様に、ボートにイカローラーを装着してます。

←イカローラー画像。仕掛けの投入や、回収もしやすく便利との事。ボートもこれならキズ付かないですね。

ちなみにこの日はゆっくり沖に流される潮で、じわじわ水深100mくらいまで流されたら、また水深90mくらいまで戻ってきて釣りを再開する・・という感じで皆さんのんびりイカ釣りを楽しまれていました。

そんなこんなで2時間くらい釣りを楽しんだ所、クーラーはこんな感じに。

←後で数えたら32ハイでした。

終了は7:40頃。自分は仕事があるので片付けをして帰宅です(笑

という感じで、今の函館山沖はボート朝イカ一発勝負でも釣れております。

イカも段々大きくなってきていますし、美味しいイカをゲットするチャンスですので、興味のある方は是非チャレンジしてみて下さいね。

以上ボートイカ釣り情報でした。

 

追加情報・・8/28(月)ですから同じ日になりますが、常連のお客様K柳さんが当別沖の船イカに挑戦。(K柳さんはパワーボートに6馬力搭載)

お昼頃までのんびりイカ釣りをされた所、釣果の方はトータルで100パイくらいだったそうです。釣れてますねー

イカの魚影はかなり濃く、とても楽しかったとのお話でした。

素晴らしい情報ありがとうございます。またよろしくお願いします。

下海岸方面ボートヒラメ情報 8/28(月)

8/28(月)早朝、常連のお客様I藤さんと、N村さんは、パワーボート2艇でなとわえさん沖方面に出撃。

本命は大型ヒラメ。

バケは主に400g、エサは大女子を使用。

お昼頃までのんびり釣りをされたそうですが、釣果の方はI藤さんでキープ×15枚、N村さんでキープ×6枚の成績だったそうです。

ただ余りこの日は大きいサイズは出なかったそうで、型についてはちょっとイマイチだったとのコメントを頂きました。

それでも凄いと思いますけどね(苦笑

良い情報ありがとうございます。またよろしくお願いします。

湯川沖でマグロゲット!! 8/26(土)

お客様情報です。

8/26(土)早朝、お客様はご自身のプレジャーボートに友人と3名で乗船。

湯川沖、水深120~130mにてまずはイカをゲット。そしてそれをエサにブリを狙って釣りをしていた所、何とこれに本命とは違う超大物が掛かったとのお話でした。

←それがこちらです。

重さは17kg!!

ミヤエポックの大型電動リールが唸りを上げて上がってきたとのお話でした。

凄いですねー・・函館近郊でも釣れるんですね。

素晴らしい釣果で御見それしました。また情報よろしくお願いします。

道南ロックフィッシュIN砂原漁港

8/27(日)当店スタッフHが、パイセンと共に砂原漁港にロックに行ってきました!!

到着は21時。すでに4~5名ほどの釣り人がいたそうでした。

早速、港内をランガン。砂原漁港の長い防波堤の先端を目指します。

数投でスタッフHにヒットです。

良型のクロソイでした。

先端に向かうにつれて、サイズもアップ!

この日は風も穏やかで、気温も暖かく絶好のコンディション。

スタッフH、先端付近で35cmクロソイGETです。

今回スタッフHはKPY SWジグヘッド7gにガルプ パルスクロウ3インチを使用でした。

2時間ほどで、ソイがポンポン釣れる状況でした!

こんな感じで砂原漁港釣れております!!

知内沖、ヒラメ釣果情報! 8/26~8/28

お客様情報です。

①知内のヒラメ名人Yさんは、しばらく天候が悪くてボートを出せなかったそうですが、ようやく8/26(土)に試しで出してみた所、ヒラメの釣果は合計で×16枚だったそうです。型も大きい物が多く、60cm超えが3~4枚入り、50cmクラスも複数枚の結果だったとの事。他にワラサが×4本。水深は14~15m。涌元方面寄りが特にアタリが多かったそうです。

②8/28(月)、本日も知内のヒラメ名人Yさんは、ヒラメ狙いでパワーボートで出港。火力発電所桟橋沖の緑灯から、涌元よりに流しながら狙ったそうですが、ヒラメのトータル釣果は×20枚の成績。本日の最大は53~54cm。時間は午前6:00~9:00過ぎ頃までの3時間での成績とのお話でした。ヒラメの気配は急上昇との事で、入れ食い状態に近かったとのお話でした。

素晴らしい釣果でビックリです。またよろしくお願いします、お疲れ様でした。